流通&IT/グラシス

業界誌連載「業界再生 活かすIT・伸びる経営」のバックナンバー

興隆出版社の御厚意により、バックナンバーを読んでいただけるようになりました。(PDF)

2009年 1月号
2009年 2月号
2009年 3月号
2009年 4月号
2009年 5月号
2009年 6月号
2009年 7月号
2009年 8月号
2009年 9月号

2008年 1月号
2008年 2月号
2008年 3月号
2008年 4月号
2008年 5月号
2008年 6月号
2008年 7月号
2008年 8月号
2008年 9月号
2008年 10月号
2008年 11月号
2008年 12月号

2007年 1月号
2007年 2月号
2007年 3月号
2007年 4月号
2007年 5月号
2007年 6月号
2007年 7月号
2007年 8月号
2007年 9月号
2007年 10月号
2007年 11月号
2007年 12月号

2006年 2月号
2006年 3月号
2006年 4月号
2006年 5月号
2006年 6月号
2006年 7月号
2006年 8月号
2006年 9月号
2006年 10月号
2006年 11月号
2006年 12月号


the EYES

この業界誌は、その名の通り眼鏡業界の業界誌です

  • 私が独立する直前に勤めていたのが中堅の眼鏡小売販売チェーンでしたので、この業界誌に「経営とIT」をテーマに書かせてもらってます。
  • 早いもので、2016年で20年目に入りました。実は、上記の企業に勤めていたころからペンネームで書いていたので、実際は21年目になります。他業界の方には簡単すぎて、こんなのみんな知っているじゃないかと思われるかもしれませんが、情報活用と言う意味では、中小小売業全般はこんなもんかと思っています。

中小の流通企業として

  • 20年書いていて、顧客・商品・販売・在庫・物流・売掛・買掛など、流通業で扱う情報はさして変わっておらず、その管理方法もさほど変わってないように思えます。大きく変わったのは、ネットワーク・ストレージ・ディスプレイ・センサーなどです。これらの変革を中小の流通業は活かしきれていない・・・そのような状況がずっと続いているように思えます。
  • そして、最も遅れているのが、業務とアプリのリンク、及び統合です。システムを勉強しない業務屋と、業務を知らないIT屋の擦れ違いは、中小企業においていまだに治ってない病気です。